カードローン おすすめ

ネットと店頭、どちらがおすすめ?

近頃は、インターネットでの取引を専門にした、「ネット銀行」が増えてきています。しかし、インターネットの取引がどうも苦手だ……という方も(いまだに)少なくありません。

 

ネット銀行と店舗型の銀行、どちらが便利なのか比較してみたいと思います。カードローン取引の参考にしてみてください。

 

【インターネット銀行について】
最近では、店舗や支店を持たない、新しいタイプの金融機関が増えてきています。こうした金融機関は、すべての取引をインターネット上で行っているのです。

 

有名なインターネット銀行には、オリックス銀行、セブン銀行、じぶん銀行、新生銀行、楽天銀行、ジャパンネット銀行などの金融機関があります。

 

【店舗を持つネット銀行とは?】

ネット銀行のすべてが、無人化をしているわけではなく、新生銀行のように主要都市に、支店や店舗を設けるところがあります。

 

【新生銀行が店舗数を増やした理由】

新生銀行は、全国に有数の「店舗数が多い銀行」です。実は、新生銀行のレイクのすべての無人契約機は「銀行の支店」として登録されており、無人契約機の数を増やすことで、全国有数(店舗数の大きな)の銀行へと成長を遂げたのです。

 

【ネット銀行のメリット】

インターネット銀行の良いところは、カードローン金利が低く設定されているところです。店舗を持たないことで、無駄な人件費や店舗維持費をなくし、私たちに「金利」という形で還元しているのです。

 

また、ネット銀行は口座への振込が早く、スピードキャッシングに強いのが特徴です。ネットを使った取引は「手数料無料」とするところも多く、従来の金融機関よりも便利なサービスを複数導入しています。

 

【店舗型の金融機関】

次に、店舗型の金融機関について見ていきましょう。店舗型の金融機関とは、昔からある銀行や地方銀行などを指します。

 

従来の銀行は、全国に支店を設け、取引を行ってきました。ローンの申し込み窓口で受付を行い、窓口から融資を行うという、昔ながらのスタイルを続けてきたのです。

 

【店舗型のメリット】

店舗型の良い点は、銀行員やスタッフと相談をしながら「直接契約できる」点にあります。分からないことがあればその場で相談でき、審査の手続きもスタッフと一緒に進めることができます。また、窓口で融資を受ければ、借りすぎも防げるでしょう。

 

ただ、各地の銀行でもこうした「有人取引」は徐々に失われつつあります。支店を持つ銀行でも(カードローンの融資に関しては)郵送やパソコンを使うことが多くなってきたのです。

 

大手銀行のローン融資でも、無人契約機やカードローン契約機を導入し、パソコン申し込みの割合が増えてきました。現在では、銀行と銀行系消費者系金融の境目は、ほぼ無くなりつつあります。

 

【中間型の金融機関】

最後に、中間型の金融機関についてご紹介しましょう。現在、インターネット銀行や、支店を持つ銀行の多くは、無人化(無人契約機の設置)へと切り替えを行っていますが、ほどよいバランスで、経営をする「中間型」の金融機関が存在するのです。

 

中間型の金融機関、それは「三井住友銀行グループ」のカードローン、プロミスです。プロミスは、インターネット申し込みや、無人契約機を使った申し込みを主としていますが、一方では「お客様サービスプラザ」と呼ばれる窓口を設け、スタッフを通じて、直接やり取りが行えるようにしているのです。

 

ここでは、カードローンの申し込みだけでなく、借入や返済、各種手続き、返済の相談にも対応してくれます。プロミスを利用すれば、良いバランスで有人窓口と無人契約機、インターネットサービスが、使えるようになります。ぜひ、今後の「申し込みの参考」にしてみてください。

 

参考になったサイト

銀行でお金を借りる|最短即日審査で借りれる方法

振り込みのタイミング

キャッシングを利用される方は、選択するサービスによって、振り込み(口座への反映)のタイミングが異なります。

 

、ローンやキャッシング(振り込み)のタイミングについて、説明したいと思います。キャッシングを利用される方は、参考にしてみてください。

 

【振り込みのタイミングについて】

カードローンを申し込む際、まずは、提携する銀行やATMを先に確認しておきましょう。ネットバンクを利用する場合でも(カードローンの種類によっては)即時振り込みのできないことがあります。

 

どの金融機関が、最も早くキャッシング(振込みの反映が)できるのか、必ず確認しておいてください。利用中の銀行と振り込みのタイミングが合わなければ、提携ATMを利用してみましょう。カードローンの中には(オリックス銀行カードローンのように)提携ATMの手数料を「一律無料」とするところがあります。

 

こうしたサービスを利用すれば、振り込みのタイミングを気にすることなく、好きな時間にキャッシングが行えます。

 

【どのサービスが最も便利か?】

近くにカード会社の自社ATMがある方や、手数料無料のATMが利用できる方は、キャッシュカードを使い、融資を受けましょう。

 

また、近くにカード会社の視点や無人契約機、コンビニエンスストアや提携ATMのない方は、カードローンと相性の良いインターネットバンクで口座を開設してください。金融機関によっては、取引手数料を「一律無料」とするところがあります。

 

皆さんのライフスタイルに合わせて、便利な方法を選択してください。

 

【キャッシングは、ネットバンクの利用がオススメ!】

キャッシングを利用される方は、インターネットバンクを利用してみてください。インターネットバンクは、手続きをして数秒で、振り込みが反映されるので便利です。

 

反対に、インターネットバンクを利用しなければ、振込先の営業時間(銀行の空いている時間)にしか振り込みができません。タイミングによっては、即日中の(融資の)受け取りが不可能になります。融資をお急ぎの方は、なるべくインターネット銀行で、口座を持つようにしましょう。